保温性に優れたインナーや動きやすいアウターを選ぶ

サンタの格好をしてゴルフをしているイメージ

冬に最適なゴルフの服装とは

 冬になると寒いため、どうしてもラウンドの回数が減ってしまうゴルフ。しかしそんな寒い時期だからこそ、ゴルフ場は空いていてしかもプレー代もお得になっていたりします。混んでいる時を避けたい、あるいは後ろの人達を気にしてしまう初心者は、冬こそラウンドのチャンスです。

体温を逃がさない機能性の高いインナー

 そんな冬のゴルフを楽しく行うには、服装も動きやすく暖かいことが重要。まずは体温を外に逃がさない素材を使った機能性の高いインナーを選ぶことから始まります。例えばミズノのプレスサーモなどは、汗が出ることで体温を発熱する吸湿発熱繊維を使用。伸縮性もよく動きやすいので、こうしたインナーを一枚持っておくと便利でしょう。

運動性が高く暖かいアウター

 アウターウェアについても、スポーツメーカーから軽くて伸縮性があり、暖かいものが多く出ています。ランバンの長袖ニットシャツは、暖かいヒートナビ生地を使用。スイング時の可動域にストレッチ性の高い生地を組み込んで、運動性を高めた一枚です。人気ブランドのアンダーアーマーのヒートギアテックの長袖シャツも同じく体温調節をしてくれるシャツ。柔らかな肌触りと吸湿速乾性を兼ねています。

重ね着 + 薄手のダウン

 こうした吸湿断熱性の高いインナーウェアとタートルネックなどの長袖シャツを重ね着したら、その上は薄手のダウンでも十分暖かいもの。フード付きダウンなら首回りも暖かく、さらに保温性が高まります。ユニクロやザ・ノースフェースなどの薄手のダウンは軽くて動きやすいでしょう。またカッター&バックのウインドブレーカーは反対色のバイカラーがおしゃれ。ボアフリースと暖かい裏地で体を温めてくれます。

中綿入りパンツで防寒、帽子など小物類も重要

中綿のオーバーパンツや裏起毛素材で保温性を確保

 トップスと同じように、ボトムもやはり暖かくしてラウンドしたいもの。真冬や風が強い日には、中綿のオーバーパンツを履けば寒さを感じることはあまりないでしょう。ルコックスポルティフのオールオンウェザーヒートナビは、光を熱に変換し、保温性を高めます。また柔らかく優しい肌触りと高い保温性を発揮する裏起毛素材を使用したパンツも人気。バッドボーイなどさまざまなメーカーから発売されています。

ストレスフリーなレインウェア

 さらにレインウェアも見逃せないアイテム。冬の雨は冷たく、風がなくても寒さを感じます。レインウェアを一枚羽織れば、雨だけではなく寒さ対策にもつながります。ブリジストンの水神レインウェアは、撥水性や動きやすさ、着脱性に優れたストレスフリーなウェアでおすすめです。

小物で念入りな防寒対策

 小物類でも防寒をすることは大切です。帽子やネックウォーマー、手袋などは必須アイテム。特に帽子はキャップとニットキャプを両方着脱すればより暖かくなります。また首元の防寒はとても大事。ネックウォーマーであご上までカバーすることで防風にもなります。スイングの妨げにもなりません。手袋は中綿入りがおすすめ、最近はカイロやスマホが使える手袋もあり、こちらも人気があります。体が暖かければ冬のゴルフも快適!防寒対策をしっかりとして今こそ自由にゴルフを楽しんではいかがでしょうか。